レディ

その時々のニーズにマッチ|マーケティングオートメーションの全貌

ビジネスに活用する

名刺

名刺に記載されている情報を、パソコンで入力するようになりました。紙の状態で保存された情報は共有化と閲覧が大変だからです。サーバーに一元管理する事によって情報の共有化が果たされます。そしてサーバーに対するアクセス許可を与えれば、全社員が自由に名刺の情報を見る事も夢ではないのです。 そのためにはいち早く名刺電子化を進めなければなりません。持ち帰った名刺を着実にデータ入力していく事で、便利なデータベースを完成させられます。名刺電子化で重要になる事は作業を習慣づける事です。 一部の大企業やグループ企業でのみ行われていた名刺電子化は、中小企業でも行われるようになりました。名刺に書かれている情報の重要性が、多くの企業に認識された証左です。

しかし名刺電子化には多大な労力が必要になる点は事実です。特に名刺の数が集まっている状態で電子化を進めようとすると、所持している枚数によっては通常業務に支障を来たします。通常業務の助けにすべく名刺電子化を進めているのに、それを阻害されたら本末転倒です。 名刺電子化は単純作業に該当します。よって外注業者に頼んで入力を依頼する手段もあるという事です。時間だけがネックになる単純作業は、正社員に担当させるべきではありません。出費で解決できる問題であれば外注業者に頼むべきと言えます。 他にも名刺リーダーを活用するという手段があります。通常の手入力はタイピングに慣れていない人間だと苦労しますが、名刺リーダーを導入すればその問題点を解決可能です。

Copyright © 2017 その時々のニーズにマッチ|マーケティングオートメーションの全貌 All Rights Reserved.